新潟で太陽光発電を設置する

新潟県で太陽光発電を設置している企業や一般家庭が増えてきています。
最近では太陽光発電つきの販売住宅も増えてきています。
新潟というと、雪国というイメージが強く、ゆえに太陽光発電の効率は悪いのではと思われがちですし、実際にそう思っている地元の人も少なくありません。
しかし、数年前に新潟市に大規模な太陽光発電パネルが設置されました。
企業のものですが、年間の発電目標値を1年目でクリアし、しかも40日も前倒しできたということで、そこから新潟でも太陽光発電が有効なのだということがわかり、にわかに人気が出てきました。
新潟でも定期的に小規模ではありますが、太陽光発電の補助金などももらえるようになってきています。
新潟で太陽光発電が有利な理由として、冬以外の季節は、日照時間が関東などと比べると長いということです。
太陽光発電は、太陽が出ている間が長ければ長いほど発電されるので、もちろん有利になります。
実際に私の友人の家は、2年前に太陽光発電のパネルを家の屋根につけましたが、思ったよりも発電し、余剰金がかなり出てとても嬉しい悲鳴を上げたとききました。
冬は積雪にならない限りは、パネルが外にある限り、少しでも発電することもできますし、年間通して期待することができます。
冬はパネルに雪が積もらないように工夫することも大切です。
屋根の勾配を少し高くするとか、パネルの傾斜をつけるとかいった工夫をすると良いようです。
これからもっと新潟でも太陽光発電を設置した家庭が増えていくでしょう。