太陽光発電の取り付けについて

最近、一般家庭でも太陽光発電システムの導入が、急速に進んでおります。
最近では、太陽光発電システムの価格もずいぶんと安くなりました。
さらに、国や都道府県、自治体からの補助も充実しております。
そう考えると、太陽光発電をめぐる環境は、ますます充実してきた、といえそうです。
しかし、なかなか取り付けに踏み切れない人も多いようです。
その理由のひとつに、実際にどうやって取り付けをするのかが分からない、という意見もあります。
そこで今回は、まず取り付けの手順を見ていこうと思います。
最初に、施工業者による説明があります。
この施工業者というのは、どこに頼んでも別に構いません。
しかし、自治体によっては、地元の施工業者にお願いしないと、補助金の対象外という場合もあります。
まずは、自治体の補助金制度にしっかりと目を通しておきましょう。
施工業者からは、どのような説明がされるのでしょうか。
一般の方の中には、太陽光発電のしくみがよく分からないという人も多いものです。
そこで施工業者は、まずそこから話をスタートされます。
屋根の上で発電された電気が、家庭の電気機器にどのように送られるのか、というような基本的なことを丁寧にお話してくれます。
次に、次に、電力の売買についてです。
基本的に太陽光発電の場合、家庭で消費するのですが、余った電気は商用系統に逆流して、それが売電ということになります。
売電量はひと月単位でカウントされるということも説明します。
売電した電気は、周囲のお宅で使われたり、停電時にも自立運転ができると言うようなことも説明されるんですよ。
太陽光発電システムを導入する方の中には、太陽光発電というのは、自動的に蓄電されるもの、と思っている方も多いようです。
実際は、蓄電機能はなく、蓄電をするためには、別途蓄電池を購入しなければいけません。
自治体によっては、この蓄電池の購入にも補助金が出るところもある、ということも説明を受けます。