雪国でも、太陽光発電をちゃっかり稼ぐ方法は!?

太陽光発電の機器の性能や設置方法などは、全国一律ではありません。
性能がいいからおススメだとか、発電するワット数が高いからお得だとか、
そういう謳い文句に騙されてはならないのです。
たんに一般標準の太陽光発電システムを取り付けるのはなく、
地域特性やご自宅の屋根の方角やカタチなどから、
それにふさわしいものを選んでいくことが重要だと心得ておくべきでしょう。
新潟県の場合は、とくに気を付けねばなりません。
第一に、雪国であることを考慮しなければならないのは言わずもがな。
冬が来れば雪を運んでくる湿り気のある雲に覆われ、
太陽が顔を出す時間も少なくなります。
そうなれば、少ない晴れ間に出来るだけ発電量を稼ぐために
ワット数が比較的高いシステムが必要になってくるでしょう。
さらに、ひとくちに新潟県といっても面積は広いので、
たとえば新潟市などの海沿いの町と、山間の市町村では大きく様相が異なってきます。
海沿いの町は湿った風により、雪を早くに溶かしてくれます。
しかし、降雪量の多い地域はそうもいきません。
屋根に積もった雪のせいで長期間にわたり太陽光発電ができなくなってしまう
可能性だってあるのです。
新築する機会に、或いはリフォームをする機会に太陽光発電をしようと考えている方は、
その辺も考慮して、屋根のカタチも含めて検討するのが賢明です。
しかし、冬場は典型的な鉛色の空が広がる新潟でも、
春から秋にかけては全国的に比較しても
それほど日射量に大きな差があるわけではありません。
大切なのは、年間を通じた天候の特徴を知ること。
それに適した合理的な性能やグレードをオーダーメイドしていくのです。
ここは考えどころ。
専門家に頼んで、お住まいの地域性とご自宅の適性を照らし合わせた
シミュレーションをしっかり行いましょう。
そうすれば、お宅だけの効率のいい太陽光発電システムを取り付けられるはずです。
設備機器も、取付工事も、その初期費用は決して安いものではありません。
後々の発電量でしっかり元を取れるかどうか、始めにかかっているのです。