効果的に使うためのうんちく

太陽光発電と聞いて思い浮かぶのは、「エコ」「省エネ」「光熱費が浮く」などの言葉ではないでしょうか。
確かにエコで省エネである太陽光発電は、様々な技術開発により、年々その質は向上し、より多くの太陽光発電の稼動を高めることができています。
さらに、光熱費自体にいえば、電気代はまず1年間通してほとんど掛からないといってよいでしょう。
しかし、光熱費とは、あくまでも電気やガス、水道代などのことを指し、電気代だけのことではありません。
太陽子発電を設置するには、できるだけ多くの発電した電力を家庭で使うことが大切です。
そのため、家はできればオール電化が一番望ましいといわれています。
オール電化の場合、深夜電力を安く設定しておくことで、主な電力は深夜のうちに行ってしまい、昼間は太陽光発電を溜めておくことに集中することで、より効果的に太陽光発電の恩恵を受けることができます。
実際に太陽光発電で発電した電力は家庭内で使い切ってしまうことは、ほとんど困難だと思います。
その理由として、蓄電池がある家庭以外は、太陽光発電はリアルタイムで発電しているだけで、家庭内で溜めておくことができません。
そのため、余った電力は自然と電力会社に売られていきます。
太陽光が出ていない夜や早朝は、もちろん電力会社から電気を買って過ごすことになります。
ですので、結果的に毎月電気代は請求されますが、それと同時に太陽光発電の余剰金の払い戻しというのがあります。
この請求代と払い戻し代の差額で毎月どのくらい光熱費が浮いたかどうかになります。