副次的なメリットがある。

私は新潟市から車で小一時間くらいのところにすんでいます、太陽光発電には以前から興味を持っていました。
二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーというメリットよりも投資と考えていました。
10年に一度パワーコンディショナーを変えるだけで、30年くらい太陽光パネルは使えるそうなのです。
新潟は日照量には恵まれているといえませんが、10年くらいで初期費用を回収したら後の20年は売電などで経済的効果が高いと判断しています。
しかし、日照量のほかに雪という問題があります。
太陽光発電は雪に対しては弱いのです。
私が住んでいるところは、雪下ろしは必ず一回はやらなくてはなりません。
しかし、太陽光発電は雪が落下する角度で設置したら、雪が落下するといいます。
敷地は広いので、どこに雪を落下させてもかまいません。
実際昨年太陽光発電を設置しました。
おかげさまで、今年は雪下ろしを一回もしていません。
太陽光発電は思わぬメリットを与えてくれました。