太陽光発電の助成金に関する様々なこと

こうして、現地調査などをすれば、後は設置工事をするだけということなのですが、少し待ってください。
その前にやらなければならないことがあります。
それは、助成金の申請です。
太陽光発電システムの導入というのは、エコな暮らしになる事はもちろんのことです。
しかしそれと同時に、経済活動を活発化させる起爆剤でもあります。
太陽光発電システムの導入により、新築の軒数が増えることが期待されます。
さらに、リフォーム需要なども高まることでしょう。
そうすると、地元の施工業者も潤うということです。
太陽光発電システムの導入に際しては、設置工事をする前に申請をすることをおすすめします。
というのも、自治体の多くは、事後申請を認めていないからです。
設置してから助成金をくださいといっても、門前払いされてしまう可能性が高いです。
最近では、施工業者が申請を代行してくれる場合もあります。
そういった場合、施工業者はちゃんとそのあたりのことは分かっています。
施工業者に代行してもらえば、そのあたりは安心です。
また、自治体によって助成金に差があります。
自治体によっては、太陽光発電パネルだけではその対象とならないようなところもあるのです。
そういったところでは、他にもオール電化に加入するとか、蓄電池を購入するなどの条件が設けられている場合もあります。
その当たりも、地元の施工業者であれば、詳しく知っていることでしょう。
さらに、助成金ではありませんが、融資が有利な条件で受けられるのも、太陽光発電です。
例えば、住宅金融支援機構であれば、「ソーラー住宅システム」という融資において、割り増し融資を受けることができます。
その金額は200万円です。
ただし、この融資を利用する際には、3キロワット時以上の太陽光発電システムを導入しないといけません。
そこさえ気をつければ、お金の心配をする必要はありません。
また、太陽光発電を製造しているメーカーで、独自の低金利融資を行っている場合もあります。
詳しくは、販売店にお尋ねください。